妊娠の仕組みについて

知っておきたい妊娠の仕組み

産み分けはきっちりと計画を立てることが何よりも重要です。

 

さらに受胎させたい性交以外では避妊が必須です。つまり、必然的に妊娠する確率も下がります。少しでも妊娠の確率を上げるためには、まず妊娠についての詳しい知識を持つことが大切。

 

そもそも妊娠とはどんな仕組みになっているのか、改めて学んでいきましょう!

 

妊娠の基礎知識@ 卵子について

卵子はずっと子宮内にあるものだと思っていませんか?

 

実は卵子が子宮内にいるのは28日のうちのたった1日だけなんですよ。

 

卵子は、子宮の両脇にくっついている“卵巣”という小さな袋のような組織の中でつくられます。最初は“原子卵胞”という物質で、それが女性ホルモンの働きによって少しずつ成長し、直径0.14〜0.3oほどの卵子になります。いくつか成熟した卵子のうちの一つは、卵巣の薄い皮を破って、すぐ隣りにある“卵管”の先に飛び出します。卵管とは子宮に繋がっている通路のようなものです。その卵管の先に卵子が飛び出すことを“排卵”といい、排卵する日を“排卵日”といいます。卵子が卵管の先に飛び出していられる時間は24時間ほどで、その間に精子と結合することがなければ死んでしまいます。

 

・卵巣で卵子が育てられる
    ↓
・成熟した卵子が、卵管へ飛び出る(排卵)→精子と結合しなければ死滅
    ↓
・精子と結合、受精卵になる

 

妊娠の基礎知識A 精子について

精子は精巣(睾丸)の中でつくられます。オタマジャクシのような形をしていて、先端の頭の部分に核があります。つくられたばかりの精子はまだ未熟なため、うまく受精ができません。なので成熟するまで精巣の隣りにある“精巣上体(副睾丸)”というところに蓄えられます。そして成熟したのち、精液とともに精管や尿管を通って射精されます。1回の射精で2100万個以上、多ければ6〜8億個もの精子が放出されます。
・精巣で精子がつくられる
    ↓
・精巣上体に蓄えられ成熟する
    ↓
・精管、尿管を通って射精

 

妊娠の仕組み

排卵日、つまり卵子が卵管に飛び出している間に精子が結合する“受精”は妊娠の第1ステップです。それだけでは妊娠とは言えません。妊娠までの仕組みを、もう少し詳しく見ていきましょう!

 

卵子と精子の受精

膣内に射精された精子は、膣の奥に向かって進みます。膣の中は細菌が侵入しないよう酸性になっていて、酸性に弱い精子はほとんどこの段階で死んでしまいます。生き延びた精子は子宮頸管という細い通路を通って、子宮内へ。そしてさらに奥へ進み、卵管を通って見事卵子までたどり着きます。億単位で放出された精子も、この時には100以下まで少なくなってしまっているんですよ。

 

さらに精子にはもう一つ試練が待っています。卵子はいくつもの細胞に守られるようにして存在しています。“放線状冠(ほうせんじょうかん)”という物質に周りを囲まれているのです。精子は先端の化学物質を使ってその物質を溶かさなければなりません。細胞が溶けてきて内側にある卵子の表面が見えて、そこからやっと受精することができます。
・排卵日に性交(膣内で射精)
    ↓
・精子が膣から子宮へ
    ↓
・卵管を通って卵子に到達
    ↓
・放線状冠を溶かして卵子と結合
    ↓
・受精成功、受精卵に

 

子宮内膜への着床

ここからが妊娠の第2ステップになります。卵子に精子が受精した受精卵は細胞分裂を繰り返しながら、ゆっくりと卵管を通って子宮に移動します。そして子宮の内側の膜(子宮内膜)にくっついて、もぐり込みます。これを“着床”といいます。この着床ができてはじめて「妊娠」になります。卵子と精子が受精して受精卵ができたとしても、着床しなければ胎児へと成長していきません。

 

・受精卵は卵管を通って子宮へ→着床しなければ死滅→子宮内膜は剥がれ落ちる(月経)
    ↓
・子宮内膜にもぐり込む(着床)
    ↓
・妊娠成立

 

妊娠の確率を上げる3つのポイント

 

性交のタイミング

卵子が子宮にいないときに性交をしても、妊娠することはできません。排卵日に向けて性交の計画を立てることが大切です。ただし精子の中には寿命が2〜3日あるものもいます。なので排卵日直前の性交であれば妊娠の可能性は十分にあります。実際産み分けではこの精子の寿命の違いを利用して性交のタイミングをコントロールします。

 

適度な禁欲

精子はできたばかりのものだとまだ未熟で、受精する能力が低いです。頻繁に射精するのではなく、ある程度禁欲期間をあけてしっかりと成熟させることが大切です。

 

ホルモンバランスを整える

卵巣の中で卵子を成熟させるのも、妊娠しやすいよう子宮内膜を分厚くしてくれるのも、女性ホルモンの働きです。この女性ホルモンを正常に分泌させることが妊娠・産み分け成功率を上げるポイント。女性ホルモンのバランスを乱す生活習慣の乱れはNGです。またストレスもホルモンバランスを乱す大きな原因。妊活自体がストレスにならないように気をつけましょう。

 

妊娠の仕組みをしっかりと理解すると、どんな妊活をすればいいのかが少し分かりやすくなりますよね。排卵日は病院でも調べることができます。確実に妊娠したい、本格的に産み分けにチャレンジしたいという人は一度相談してみてはいかがでしょうか。